読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも屋・便利屋 よろずや みやび|所沢 ブログ

埼玉県所沢市を中心とした、なんでも屋・便利屋【よろずや みやび】です。

埼玉県所沢近郊で何でも屋・便利屋をお探しなら【よろずや みやび|所沢】

なんでも10分1,000円。どんな作業も10分から承っております。所沢から10キロ圏内でしたら交通費はいただきません!

ペットの散歩代行・預かり。買い物代行。家事代行。お部屋・お庭などの掃除。害虫駆除。家具類の組み立て・解体・移動。その他なんでもやります!

長時間の作業やご不明な点が御座いましたら気軽にご相談ください。

問い合わせはコチラ

もしも潤沢な資金があったらしたいこと@29日

こんにちは、便利屋・なんでも屋のよろずや みやびです。

今回は、今話題の保育に関するしたいことです。

 

連日のように保育問題がニュースで流れている中で、驚いたのが【待機児童数】の多さです。隠れ待機児童の数も合わせると全国で約7万人もの待機児童がいると言うのには驚きました。

ただ、これは待機児童と定義されている人数であり、下記ニュースによると潜在的な待機児童数は171万人から326万人はいるのではないかと予想しています。

<潜在待機児童数171〜326万人>厚労省の試算5万人とはケタ違い? | マイナビニュース

この記事が本当かどうかは別にしろ、発表のあった約7万人ですら多いと感じますし、恩田すみれさんの言葉を借りるならば「事件に大きいも小さいもない」と思うわけです。

 

さて、今回の話はあくまでも、やりたいことシリーズなので出てくる内容は全てシムシティと同じようにゲーム感覚でシュミレーションしていくため、実際の法律やルールなどはある程度無視した内容になってくる事をご了承ください。

 

さて、今回はもしも潤沢な資金があったら保育所を経営したい」です。

この願望は昔からあり、きっと自分が過ごした幼稚園時代の先生がいい先生だったからだと思っています。また同時に現在働いている先生と、保護者の悩みを自分なりに考え、実際に問題を解決する経営をしたとしたらどのくらいの費用が必要なのかを算出してみたいと思います。

 

1.施設を建てよう

平成25年4月の段階で発表のあった東京23区で待機児童数が一番多いのは世田谷でした。なので、今回は世田谷に施設を建てたいと思います。

23区の保育園比較(待機児童数・認証補助・病児保育)【東京23区保育園マップ】

 

2.幼稚園設置基準を満たすオフィスを探そう

調べてみると幼稚園を設置するには、いくつもの細かい条件があるようです。

まず、保育室面積は53平米を基準とあります。

次に、施設及び設備については[職員室・保育室・遊戯室・保育室・便所・飲料水用設備・手洗用設備・足洗用設備]を備えなくてはいけないようです。

そのほかにも様々な取り決めがありますが、条件を満たすオフィスがすぐに見つからなそうだったので割愛します。

幼稚園設置基準

時間をかけずに探したのと、賃料が掲載されていたので計算のしやすさ、駅からの近さを考慮して下記URLの約100坪のビルを借りることにしました。

http://of-tokyo.jp/floor/67508/

 

3.建設しよう

この建設費用に関しては、参考程度ですが下記URLのブログ内に掲載されている費用の中で一番平米単価合計が安い私立Dを選択しました。204,048円/平米

保育園の建設費|長谷川大オフィシャルブログ「まさる倶楽部」Powered by Ameba

 

さてここまでの合計でいくらなのか一度計算してみたいと思います。

まずは賃料。1,600,800円/月。プラス保証金敷金19,209,600円(12か月)=20,810,400円。借りるだけで約2,000万円かかります。

次に、建設費。(100坪=約331平米)×204,048円=67,539,888円。建てるだけで約6,800万円かかります。

そのほか、机や椅子など備品類も必要になりますが、いくらでしょう?1クラス分と考えても500万円くらいでしょうか?

※再度申し上げますが、あくまでシムシティ感覚です。実際に建てられるかどうかは別問題です。

 

4.求人をかけよう。

施設ができても保育士さんがいなければ運営はできません。今回は、保育士の給与問題も併せて解決するため、初任給は下記URLを参考に平均の20万円に設定。保育士の平均は17万円とのことなので3万円のプラスです。3万円は大きい!そして、なによりも下記URLによると、7年目でようやく21万円ということから考えても、この初任給20万円はすごいことなのかもしれない。

衝撃!これが「初任給が高い」トップ500社だ | 企業ランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

保育士の給料・年収 | 保育士の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

 

本題の求人はおなじみタウンワークさんで。

タウンワーク掲載窓口|受付|求人広告掲載|費用|関東|料金表|タウンワークとは

目につく大きさがいいので、A6を選択。A6フリーとの違いはわかりませんでした。通常料金で240,000円。おそらく1週間掲載なので1か月掲載したとして960,000円。

 

5.募集をかけよう。

保育士さんがいても、利用者がいなければ運営できません。最寄駅の用賀駅を中心に新聞折込チラシ及び駅へのポスターを作成します。今回はラスクルさんで作ってもらうことにしましょう。

1500部1万円~新聞折込(印刷と配布)地図から全国の新聞に折込可能!間単にシミュレーションできて格安で発注できるラクスルの新聞折込。 | 印刷のラクスル [raksul]

用賀駅を中心に直径6キロ。新聞7社に140,750部を折込した場合715,500円/回。チラシ作成で40,000円。ポスター用は作れるのか不明ですが、チラシと同額で考え40,000円。※本来のラスクルさんの価格と異なる場合がありますが、あくまでも今回はシムシティです、フィクションです。

 

駅へのポスター掲載は下記URLを参考に、一番大きいサイズを選択し52,000円/週。1か月掲載で208,000円。

駅ばり | 媒体説明 | 交通広告 | TOKYU OOH

 

さて、ここまででもかなり費用がかかってしまいました。広告費のみで1,963,500円。折込チラシが1回分の計算だとして、20回に増やすと14,310,000円。計15,558,000円。毎日のように入れないと見てもらえない可能性がありますからね。

 

さて、広告のおかげで保育士・児童が共に規定数に達しました。ここからいよいよ開園です。

基準によると1学級35人以下にしなくてはならず、0歳児は3人につき1人、1から2歳児は6人につ き1人、3歳児は20人につき1人、4から5歳児は30人につき1人以上に定められているようです。

保育士の配置基準

今回は、0歳児から預かる人数を基準に35人1学級の規模の児童を預かる施設を建てたと仮定して話を進めていきます。保育士1人当たりの負担を考えれば大いに越したことはありません。

 

保育士:12人

児童:35人

今回の規模から考えるとかなりギュウギュウになりそうですね。

 

その前に肝心な入園費を決めなければいけません。今までかかった費用プラス運営費をどのくらいの期間でペイするか・できるかも計算しておかないと数年で破たんする可能性が出てきます。※融資などは受けていない前提です。光熱費も今回は省きます。

賃金:初期費用約2,000万円。約160万円/月。1,920万円/年。

建設費:約6,800万円。

広告費:約1556万円。

給与:240万/月。ボーナス30万/人(夏冬季合算)。計3,240万円/年。

トータルでかかる費用は、1億5516万円/年

上記の初期費用から給与までを10年でペイするには、1億5516万円÷10年=1,551.6万円/年。1,551.6万÷12カ月=129.3万円/月。129.3万円÷35人=約3.7万円

単純計算で月3.7万円/人の負担があれば、10年で1億5516万円はペイできるようです。計算ミスがあったらすみません。

 

あれ?なんかデジャブが起きた。この入力画面を見たことがあるような気が。

 

次に、年間の固定費が約5,160万円。これを5,160万円÷12カ月=430万円。430万円÷35人=約12.3万円

 

・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

うわー、これは払えない。

まだまだ制服代とか給食費とか光熱費とか昇給とか掛かる費用いっぱいあるにも関わらず、単純計算した維持費ですら高額になってしまいました。

 

入園金で10万プラス月謝5万円だとしても、シムシティ的にも現実的にも保護者が支払うにはかなり高くついてしまいました。

 

うーん、どうしよう。

そろそろ頭が回らなくなってきました。

ここで、下記URLを参考にしてみることに。

幼稚園の費用ってどのくらい?公立・私立まとめて紹介 [ママリ]

 

あー、やっぱり月謝5万は高いランクになるんですね。

ただ、今回の保育所は助成制度を利用していません。

今回の世田谷区の場合は、下記の取り組みをしているようです。

平成28年度 認可保育所整備・運営事業者の募集(提案型) | 世田谷区

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/129/1811/533/d00129939_d/fil/bessi1.pdf

 

今回の35人ベースの場合は当てはまるのか、調べていませんが80人規模の場合の例を参考にすると、工事費+準備費で7,000万円、賃料約746万円、開園後12か月まで1,120万円・以降20年まで約767万円/年の補助金が出るようです。

 

ちゃんと見てないので年単位なのか月単位なのか不明です。年額って書いてあるから年かな?違う場合はすみません。

 

うーん、35人ベースでこの助成金もろもろが充てられるとして、もしくは35人では無く今回の保育所を80人ベースに変更したとして、やっていけるのかしら?

 

青色申告の時よりも数字を追ってるせいか、そろそろオーバーヒートしそうです。

 

今回のもしも潤沢な資金があったら「保育所を経営したい」は、頭の中でふんわりイメージしていた時よりも書き出したことにより更に多くのことを学べました。

 

あくまでもシムシティ的な考えですが、理想としてはオフィスビルのワンフロアに、ビル内の従業員が利用できる託児所・保育所を設置して、ヤクルトさんのような企業内保育所をビル全体の保育所として利用できる環境を整えるか、満員電車に子供を乗せて通勤する負担を考えると、自宅の最寄り駅周辺に同様の施設を設置できる環境にして、少しでも待機児童を減らす事と同時に、保育士さんの給与引き上げを目的としています。

ヤクルト保育所:ヤクルト保育所の特長 | ヤクルトレディになろう! | 全国のお問い合わせはこちら

 

ただ、シムシティ的にも騒音問題やなんやらと、まだまだ解決しなくてはいけない問題が山積みです。

 

是非とも潤沢な資金をお持ちの企業様・個人様がこの記事を読まれておりましたら、リアルの世界でよろずや みやびの代わりに実行していただければ幸いです。笑